講座のご案内

雇用対策講座

講座番号 28

募集中

開催時期

4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月

人材不足の深刻さが増しつつある農業に、福祉分野が働く場を求める動きが全国で広がりを見せており、多様な人材の活躍と農業経営を考えるきっかけとして、農福連携の取り組み方を学びます。

定員 100名
開催場所 茨城県農業総合センター(笠間市) 地図
対象者 農業に従事されている方、農業団体職員、市町村職員、県職員など
開催時期 平成31年2月12日(火)
回数 2回
時間 13:30~16:00(150分)
講師 ○基調講演 農業経営における「農福連携」の取り組み方(仮)
講師 社会保険労務士法人リライアンス 代表 鈴木 泰子 氏
○パネルディスカッション
パネリスト
おかの農園 代表 岡野 圭祐 氏
㈱HATAKEカンパニー 代表取締役 木村 誠 氏
NPO法人つくばアグリチャレンジ 代表 伊藤 文弥 氏
茨城県共同受発注センター コーディネーター 山口 健俊 氏
内容 「農福連携」で多様な人材が活躍する経営を目指す
第1回:基調講演、パネルディスカッション、個別相談
第2回:現地研修
応募締切

2月5日(火)

※定員になり次第、締切日より前に受付を終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

申込方法

申込先

いばらき農業アカデミー事務局

専用フォームからのお申込み

申込フォームへ

関連書類

開催チラシ・申込用紙ダウンロード

講師紹介

 「農業経営における障がい者雇用について」
社会保険労務士法人リライアンス 代表社員 鈴木 泰子 氏

 兼業農家に生まれ、1997年に浜松市にて社会保険労務士事務所を開業。農業分野における労務管理を多数手がけるほか、全国各地で農業経営者向けの労務講座を行うなど「雇用型農業」に取り組む農業者へのサポートに力を注いでいる。障がい者雇用が進む「はままつユニバーサル農業」に携わり、農業における障がい者雇用や福祉事業所との連携も支援している。

  • 各回の講座内容をくわしく見るには、こちらをクリック

    『農福連携』で多様な人材が活躍する経営を目指す

    期日 2月12日(火)
    時間 13:30~16:00(150分)
    会場 茨城県農業総合センター 地図
    講師 民間専門家、農業経営者など
    内容 第1回
    13:30~13:35 講座の説明
    13:35~14:35 基調講演
    「農業経営における「農福連携」の取り組み方」
    講師 社会保険労務士法人リライアンス 代表 鈴木 泰子 氏
    14:40~15:40 パネルディスカッション
    コーディネーター 
     農業総合センター 宮城海代子主任専門技術指導員
     同 松橋宏昌専門技術指導員
    パネリスト
     おかの農園 代表 岡野 圭祐 氏
     ㈱HATAKEカンパニー 代表取締役 木村 誠 氏
     NPO法人つくばアグリチャレンジ 代表 伊藤 文弥 氏
     茨城県共同受発注センター コーディネーター 山口 健俊 氏
    15:40~16:00 質疑応答
    ※終了後,個別相談会を実施

    第2回:現地研修(予定)
    申込
    方法
    【申込期限】
    平成31年2月5日(火)17:00

 

会場へのご案内

茨城県農業総合センター 茨城県笠間市安居3165-1

茨城県笠間市安居3165-1

 

 

問い合わせ先

アカデミー事務局(茨城県農業総合センター 企画調整課内)
〒319-0292 茨城県笠間市安居3165-1
TEL:0299-45-8321