「平成29年度農業経営法人化研修会」(県西エリア)を開催しました

2017/8/29

 農業経営の法人化を支援する研修会が72名の参加者を集めて開催されました。税理士法人鯨井会計の鯨井氏からは,法人化することで経営者としての自覚が生まれること,財務管理を明確化でき取引上の信頼が生まれることなどの説明を受けました。他に,税法上のメリットのみに関心がいきやすいが,必要な税は納めながら,経営発展を目指していくことが重要とのことでした。
続いて事例発表された常陸太田市の(有)栗原農園 栗原昌則会長は,法人化によって人材が育成されていく過程を自らの経験に基づき,時間いっぱい丁寧に説明してくれました。
参加された農業者の一人は,これを機に前向きに法人化を検討したいと意欲的でした。
法人化によってさらなる発展を遂げる経営が多数生まれることを期待しています。

講座名
農業経営法人化研修会
開催日 平成29年8月28日(月)
会場 筑西合同庁舎1階大会議室
参加人数 72名

講座についてはこちらをご覧ください

農業経営法人化研修会