第1回生産環境管理(土壌)講座を開催しました

2017/10/4

第1回「生産環境管理(土壌)講座」を開催しました。
土壌とは?-そもそも論を振りかえる-というテーマで,農業環境変動研究センター土壌資源評価ユニットの大倉利明先生による講義が行われました。
前半は,土の成り立ちや土壌の種類,普段目にすることのない土壌断面について,スライドや標本(土壌モノリス)を見ながら説明を受け,土壌そのものの理解を深めました。
後半は,生産性を向上させるために行われてきた施肥や人為的な改変が土壌にどう影響しているか,土壌断面調査によって見える事実があることを知ることができました。
数千年から数十万年かけてできた土と上手に付き合うことが,農業を永続させ,土という大事な環境を守ることに繋がっていくことを考えるきっかけになったと思われます。
同じ内容で,第2回は10月17日(火),第3回は10月31日(火)に開催します。まだ定員に余裕がありますので,「土壌をもう一度見つめ直したい」という方の受講をお待ちしております。

講座名
生産環境管理(土壌)講座
開催日 平成29年10月3日(火)13:00~16:00
会場 農研機構 農業環境変動研究センター農業環境インベントリー展示館
参加人数 15名

受講者の声

大変熱心に教えていただいたので,とても面白かった。
目からうろこ的な内容でした。
より深く土に興味が沸きました。
黒ボク土での栽培の留意点等の話も時間があれば聞きたかったです。

講座についてはこちらをご覧ください

生産環境管理(土壌)講座