6次産業化促進講座(加工技術向上コース)を開催しました

2018/2/21

12月21日に6次産業化促進講座【加工技術向上コース】第10回を開催しました。
実習の前には,生物工学研究所普通作研究室の秋田技師から硬くなりにくいもち米の新品種「いばらき糯36号」の特徴の講話をしていただき,希望者には試作分を提供できることもお話しいただきました。
実習では,乾燥野菜を利用した五目おこわ(いばらき糯36号使用)と赤飯(マンゲツモチ使用)や赤飯用のごま塩作りを行いました。

講座名
6次産業化促進講座(加工技術向上コース)後期
開催日 平成29年12月21日
会場 農産加工指導センター
参加人数 18名

講師コメント

・蒸し布ごと打ち水をつけるなど,打ち水が均等に出来るなど,参考になりました。ごま塩の作り方が良く,利用したいと思います。
・いばらき糯36号を使用した五目おこわの仕上り具合が体験できて,とても参考になりました。赤飯(マンゲツモチ)おいしかったです。

講座についてはこちらをご覧ください

6次産業化促進講座(加工技術向上コース) 後期