6次産業化促進講座(加工技術向上コース)を開催しました

2018/2/23

1月24日及び25日に6次産業化促進講座【加工技術向上コース】第11回を開催しました。
1日目は小豆から粒あん,白いんげんから白こしあんの作り方を実習しました。
2日目は前日作った粒あんや,白あんに小松菜ペーストを混ぜ込んだ小松菜あんを餅生地で包んで大福に仕上げました。
餅生地は硬くなりにくいもち米“いばらき糯36号”を使ったもので,添加物を使わずに柔らかさが持続する品種だということを説明しました。受講生にはいばらき糯36号と比較としてマンゲツモチを餅に加工して24時間たったものを食べ比べてもらい,柔らかさの違いを実感してもらいました。

講座名
6次産業化促進講座(加工技術向上コース)後期
開催日 平成30年1月24日,25日
会場 農産加工指導センター
参加人数 2日間延べ25名

受講者の声

・あん作りの経験がなかったので,粒あん,こしあんともに勉強になりました。
・もち米のちがいによる比較ができてとてもよかった。
・いばらき糯36号の加工方法が参考になった。

講座についてはこちらをご覧ください

6次産業化促進講座(加工技術向上コース) 後期