第3回6次産業化促進講座(加工技術入門コース)を開催しました

2018/7/25

6月28日に6次産業化促進講座【加工技術入門コース】第3回を開催しました。
“加工品づくりの作業工程を考える”ワークショップでは,前回に引き続き,冷凍リンゴの解凍~ジャムの製品化までの加工作業工程を考え,各グループで発表を行いました。
実習では前回の実習で冷凍したリンゴを使ってジャムの加工を行い,ジャム加工を考えている受講者から自己流の改善につながったという意見も聞かれました。
今回はジャムを例にした作業工程管理表作成を実習しましたが,今後,現場ではそれぞれの加工品の作業工程を作成し,安全で一定品質の加工品づくりに活かしていただきたいと思います。

講座名
6次産業化促進講座(加工技術入門コース)
開催日 平成30年6月28日(木)
会場 農業総合センター農産加工指導センター
参加人数 16名

受講者の声

・加工をするにあたって,たくさんの工程を経なければならない事を学びました。これを採算ベースに乗せるのは並大抵の努力では難しいと感じました。高品質,もしくは作業効率をアップ出来る様な事についてもヒントが欲しいです。
・ジャムの充填→殺菌の間に脱気という作業があることを知りとても勉強になりました。殺菌が蒸し器で行う事・・とても参考になりました。

講座についてはこちらをご覧ください

6次産業化促進講座(加工技術入門コース)