第7回6次産業化促進講座(加工技術向上コース)を開催しました

2018/11/19

6次産業化促進講座【加工技術向上コース】第7回を開催しました。
餅は特に難しい技術や高価な機械がなくても始められる加工品ですが,カビや食中毒対策はしっかり行わなければなりません。講話では工程ごとに注意しなければならない点を交えながら,美味しい餅を作るためのポイントを説明しました。
実習ではシンプルな「のし餅」と,大豆や青のり入りの「たがね餅」を作りました。また,変わり餅の紹介として「ふくれみかん餅」と「いちご餅」を試食してもらい,受講者は意外性に驚いていたようです。

講座名
6次産業化促進講座(加工技術向上コース)後期
開催日 平成30年11月14日(水)
会場 農業総合センター農産加工指導センター
参加人数 38名

受講者の声

・たがねもちに使用する食材のバリエーションがとても参考になりました。いちご・ふくれみかん・黒大豆などきれいでおいしかったです。脱酸素剤の使用方法なども勉強になりました。カビを防ぐための方法対策など参考になりました。
・餅に色々な食材を入れる事により,幅が広がることが分かり有意義でした(色とりどりで見た目も良くなる)。餅取り粉を炒って使用するというのも参考になりました。

講座についてはこちらをご覧ください

6次産業化促進講座(加工技術向上コース) 後期