鳥獣被害対策講座

平成31年度より新たに鳥獣被害対策担当となり、基礎知識の習得を目的とする市町村担当職員が、全4回の研修会の中で、鳥獣ごとの被害対策の基礎知識を座学・現地研修を通して学びます。