講座のご案内

農業生産工程管理(GAP)講座

講座番号 23

募集中

開催時期

4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月

GAP(農業生産工程管理)は、農業の生産管理を適正に行うものであり、流通業者の中でも取引要件の一つとして求められるようになってきています。
このため、セミナーを通じて、GAPの必要性やメリット、活用方法について紹介し、食材調達の要件となったGAP認証取得の手続きなどについて広く情報提供します。

定員 30名
開催場所 オンライン配信(Zoom)
対象者 農業に従事している方、農業法人に勤務する方、営農指導員など
開催時期 7月、12月
回数 2回
時間 各回13:30~15:30(120分)
13:00受付開始
内容 第1回
講演
・GAPの概要について
・国際水準GAPの取組内容について
・GAPの実践と実践例について
説明
・茨城県におけるGAPの取組状況等について

第2回
講演
・国際水準GAPの取組内容について(食品安全、環境保全、労働安全、人権保護、農場経営管理)
・GAPを取り巻く環境(今と今後)
・GAPの優良な取組事例について
説明
・栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針(第2版)について
応募締切

11月29日(月)

備考 ▲上記の応募締切日は、第2回(12月3日開催)分となります。

web配信はZoomが動作する環境で参加をお願いします。
また、配信のテストを12月2日(木) 16:30〜17:30に実施します。
Web配信参加希望者は、テストをお願いします。

申込方法

参加申込書に必要事項を記入のうえ、FAXまたは電子メールでお申込みください。

メールで申し込む

メールを送る

FAXで申し込む

申込書に必要事項をご記入のうえ、お申込みください。
FAX: 029-301-3937

関連書類

第2回茨城県GAPセミナー参加申込書ダウンロード

  • 各回の講座内容をくわしく見るには、こちらをクリック

    第1回 農業生産工程管理(GAP)講座

    期日 7月30日(金) 終了しました
    時間 13:30~15:30(120分)
    13:00から受付開始
    会場 オンライン
    講師 NPO法人農業支援センター 磯部 ゆかり氏
    内容 講演
    ・GAPの概要について
    ・国際水準GAPの取組内容について
    ・GAPの実践と実践例について
    説明
    ・茨城県におけるGAPの取組状況等について
    備考 GAP(Good Agricultural Practice)とはなにかという基本的な所からGAPの具体的な実践方法がわかる講座を開催します。
    今回の講座では、GAPの概要、国際水準GAPの内容に加え、GAPを実際に行う際の実践方法や実践例を紹介します。
    また、本県におけるGAP取組も合わせて紹介します。
    興味のある方や取組を考えている方は、是非、受講ください。

    第2回 農業生産工程管理(GAP)講座

    期日 12月3日(金)
    時間 13:30~15:30(120分)
    13:00から受付開始
    会場 オンライン配信(Zoom)
    内容 13:30〜15:00 講演
    1.国際水準GAPの取組内容について (食品安全、環境保全、労働安全、人権保護、農場経営管理)
    2. GAPを取り巻く環境(今と今後)
    3. GAPの優良な取組事例について
    講師:NPO法人農業支援センター 磯部 ゆかり 様

    15:10〜15:30
    栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針(第2版)について
    説明者:茨城県農林水産部農業技術課生産技術・環境担当

 

 

問い合わせ先

茨城県農林水産部農業技術課生産技術・環境担当
担当:吉原、藤田
TEL:029-301-3936 FAX:029-301-3937