講座のご案内

6次産業化促進講座(6次産業化入門コース)

講座番号 19

募集中

開催時期

4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月

・県内農産物を使った6次産業化活動に必要な知識・技術の習得を図ります。
・加工品製造に必要な衛生管理の基本や基本技術の習得を図ります。

定員 15名
受講料 無料
開催場所 茨城県農業総合センター 園芸研究所1階大会議室、農産加工指導センター
(笠間市安居3165-1)
対象者 ・これから加工品づくりと販売に取り組もうとしている農業者の方
・加工の基礎知識を再確認したい農業者の方
開催時期 令和4年7月~8月
回数 5回
※連続5回の講座のほか、令和3年度開催予定の講座が、新型コロナウイルス感染拡大により中止となったため、令和3年度6次産業化入門コース受講者を対象に、
8月26日に講座を開催します。
時間 ・7月7日(木) 10時~15時
・7月21日(木) 10時~12時
・7月28日(木) 10時~15時
・8月4日(木) 10時~15時
・8月25日(木) 13時~16時30分
※8月26日(木) 13時~16時30分 令和3年度受講者対象
講師 (公)日食協HACCP普及指導員中央・茨城6次産業化プランナー 本橋 修二 氏、茨城県保健福祉部 生活衛生課職員、農産加工指導センター 技術指導員
内容

  • 第1回 7月7日(木)
    ・農業の6次産業化の取り組みに必要な考え方と手順
    ・商品開発と販売について
    ・商品づくりの手順
    ・6次産業化計画を立てよう
  • 第2回 7月21日(木)
    ・加工施設の施設基準、営業許可申請方法について
    ・HACCPの考え方を取り入れた衛生管理について
  • 第3回 7月28日(木)
    ・食品衛生と品質管理について
    ・製品説明書の作成方法について
    ・製造原価について
    ・製品説明書を作成してみよう
  • 第4回 8月4日(木)
    ・科学的な品質管理について
    ・HACCPの考え方を取り入れた衛生管理の基礎
    ・工程管理表、施設図面(加工機械器具配置図)を作成してみよう
  • 第5回 8月25日(木)
    ~ピクルスづくりを通して、加工の基礎知識を学ぼう~
    ・安定した製品づくりのための原料の保存方法について
    ・原料殺菌、ビン詰め・袋詰め殺菌、品質管理(糖度、pH、塩分測定)
  • R3振替分 8月26日(金)
    ~ピクルスづくりを通して、加工の基礎知識を学ぼう~
    ・安定した製品づくりのための原料の保存方法について
    ・原料殺菌、ビン詰め・袋詰め殺菌、品質管理(糖度、pH、塩分測定)
募集開始 5月2日~
応募締切

6月10日(金)

備考 8月26日(金)の講座については、昨年度、新型コロナウイルス感染拡大により実習が中止となったため、令和3年度6次産業化入門コースの受講者が対象となります。

<受講者の決定>
農産加工指導センターにおいて受講者を決定し、受講者へ FAX・E-mail・郵送等いずれかにより通知します。
なお、受講希望者が定員を超えた場合は、受講する内容の加工製造販売許可(届出)を取得済みの方を優先とします。

申込方法

申込先

所定の申込用紙に必要事項を記入の上、管轄の農林事務所経営・普及部門または地域農業改良普及センター宛にお申し込み下さい。

関連書類

受講申込書ダウンロード

各地域農林事務所 経営・普及部門 及び農業改良普及センター一覧ダウンロード

新型コロナウイルス感染症の感染防止の対応についてダウンロード

 

 

問い合わせ先

茨城県農業総合センター
農産加工指導センター 担当 : 森田
TEL 0299-48-2801